PS4やWii Uの回線が無い!何で繋げばいいの?

RqvykPS4やWii Uなどの据え置き機、はてはPSVITAや3DSの携帯機まで、最近のゲーム機にはインターネットに繋ぐための機能が当たり前の様についている時代になりました。

これによって遠くにいる友達はもちろん、知らない人とも気軽に協力プレイや対戦が行えるようになりました。

PS2の頃にもこういった通信対戦は可能なゲームも一部ありましたが何やら専用の回線を契約しなければいけなかったりなど敷居が高かった記憶があります(ここらへんは子供のころの話のため記憶が曖昧ですが)

今ではそこらへんのハードルはかなり下がり、気軽にオンライン対戦を楽しむことができます。とはいえ、インターネットに繋ぐ回線がなければ用意してあげる必要があることには変わりません。

そこで今回はPS4やWii U、3DS、PSVITAのオンラインプレイを楽しむ際にどんな回線を用意してあげればいいのかを少し紹介したいと思います。

ゲーム機をインターネットに繋ぐ時に考えられる選択肢は基本的に3つです。

1つめは最も簡単なテザリング、そして簡単に契約が出来るモバイルルーター、最後に固定回線です。

 

最初のテザリングですが、これのメリットは何よりも一番簡単ということです。最近はスマホも普及しており、そのほとんどにはテザリングの機能がついています。なので特別な契約をすることもなく繋ぎたい時に簡単に繋ぐことができます。

「じゃあテザリングでいいじゃん!」と思うかもしれませんがテザリングは最も止めた方がいい方法になります。

主な理由はふたつ「速度制限」と「安定性」です。

1つめの「速度制限」についてですがスマホは当然ゲーム機に繋ぐだけのものではありません。日常的にLINEやメールなどで連絡をとったり、Twitterで情報収集や他の人とやり取りをしたり、ゲームアプリで遊んだり、ネットに繋いでものを調べたり、などいろいろな使い方をすると思います。スマホはプランにもよりますが大体7ギガ前後で速度制限がかかり、それを超えると使い物にならなくなります。ゲームに繋がずに普通に使っているだけでも速度制限に悩まされている人は多いのではないでしょうか?

テザリングで繋いで1時間ゲームをすると大体200メガぐらい通信をすることになります(ゲームにもよります)これを1ヶ月続けると200×30=6000メガ、つまり6ギガです。これだけでスマホの制限にかかるぐらいの通信を行うことになります。これでは日常的にスマホを使うなんて到底出来るわけもありません、なのでどうしてもテザリングで繋がなければいけない理由がないのであればゲーム機をテザリングで繋ぐのは止めておきましょう。

2つめの「安定性」についてですがこれに関しては固定回線と比べるのがいいでしょう。オンラインでゲームをやるには「PING値」というものが重要になってきてこの数値が小さい程快適にゲームをプレイをすることができます。テザリングの場合はこの数値がどうしても固定回線より大きくなってしまうためゲームによってはラグが発生したり切断されてしまう可能性があります。これはゲームにもよるのでどんなゲームをするかによってテザリングの回線で十分かどうかは変わってきます。とはいえ「速度制限」のことを考えればやはりテザリングでゲーム機に繋ぐのは避けるべきでしょう。

 

続いてはモバイルルーターに関してです。モバイルルーターのメリットは工事などがないので契約が固定回線に比べて気軽にできること、持ち運びができるので携帯ゲーム機と繋ぐ時などにかなり便利な点があります。私の場合は3DSのモンハンなどと繋ぐことも多いのでこのモバイルルーターをゲーム機に繋いで使っています。

モバイルルーターの欠点はテザリングと同じで回線の安定感が固定回線に劣るという点です。

最後の固定回線のメリットはその安定性です。契約のハードルが高く、持ち出しは当然出来ませんし、開通までに場合によっては数ヶ月かかったりなどのデメリットはありますがガチのゲーマーに関しては固定回線の方がいいかもしれません。

 

固定回線にするのかモバイルルーターにするのかは自分がどんなゲームをどのくらいプレイするのかによって選べばいいと思います。

 

 

 

 

 

ここでWiMAX2の人気プロバイダーの紹介をしてます↓

1460781158KKBToH0MYZ2ElMZ1460781056